うさぎQ&A

冬の寒さ対策は? 

室温は最低10度以上に保ち、生後約3ヶ月までの子ウサギには、ペットヒーターや保温電球を使用して下さい(もちろん大人になったウサギにも使用しても構いません)。
ペットヒーターを使うときは低温火傷を防ぐためにタオル等を敷いてあげて下さい。

夏の暑さ対策は? 

直射日光を避け、風通しの良いところにゲージを置いて下さい。
気温30度以上の日が続いた時には、エアコンを入れたり、ペットボトルを凍らせてタオルを巻いた物をゲージの中に横向きに入れてあげてください。暑さしのぎになります。

お風呂に入れなくていいの? 

うさぎ自身に体臭はありませんので、基本的に入れる必要はありません。
手足がオシッコ等で汚れた場合はウエットティッシュ等で拭き取ってあげて下さい。
ど うしても臭いが気になるという場合は、ペットショップ等で市販されているドライシャンプーを使用して下さい。
人間用のシャンプーは絶対に使用してはいけま せん。

つめ切りは必要? 

ウサギは放っておくとドンドン爪が伸びてしまうので、定期的に切ってあげて下さい。
爪が伸びすぎてしまうと、ケガをする危険が高くなります。
ウサギの爪の 中には血管が通っていますので、自分で切るのが心配であれば、一般のペットショップでも500円から1000円程度で爪切りしてくれる所もあります。
バニファで買われたウサギさんには、店舗まで連れてきて頂ければアフターサービスとして無料でお切りしています。

1日にあげるフード・牧草の量は? 

子うさぎ(体重約300~500g)には1日20~30gのフードを。
成体うさぎには、体重1kgに対して1日約30gを目安に与えて下さい。
太りすぎの場合にはフードの量を減らし、牧草の量を増やして下さい。

おやつはあげてもいいの? 

なるべく与えないようにして下さい。もしあげたい場合は、少しだけ、しつけの時などに与えてください。(リンゴ・キャベツ等・・)
市販の動物用ビスケット等はカロリーが高いので、できるだけあげないで下さい。

うんちを食べてしまうんだけど・・・ 

うさぎにはコロコロの丸いフンと、ペトペトした食糞とがあります。
食糞は重要な栄養源なので、食べるのが普通です。心配要りません。
水のような糞をした場合は下痢の恐れがありますので、注意して見る様にして下さい。
糞は健康のバロメーターです。

野菜は必要? 

少量なら良いです。おやつ代わりにあげるようにして下さい。
ただし、アボガド・タマネギ等のねぎ類は絶対に与えないで下さい!!急死の原因になります。

1 / 212